京都でナイトワークを探したい!そんな女性のみなさんに向けて、今回はナイトワークを代表する5つの業態について、いろいろとご紹介をしていきたいと思います。
まずは、ナイトワークの中で最もメジャーな業態「キャバクラ」の京都に関する情報をお伝えします!

「京都のキャバクラ事情」

まず、これを一番最初にお伝えしなければ!と思うのですが、京都と言えば何かにつけて”敷居が高い”ようなイメージってありますよね。
これって色々なジャンルにおいて、そんな印象が強いのですが、実際には対して敷居が高くないということも少なくありません。
一見、高そうな雰囲気はするけれど、意外とすんなり…みたいなこと、京都では結構多いものなんです。

キャバクラでもそう、京都で夜遊びと言えばそれなりの年齢になってくると、祇園で!という方も多くなってきます。
また、観光で遊びに来られる方からすれば、木屋町エリアよりも祇園で遊ぶような場合が多いと思います。

そして、祇園と言えば敷居が高いという話になるのですが、ここが案外そんなことがないのです。
お客さまからすればちょっとした祇園料金にはなるかもしれませんが、それでも一見さんお断りなんてことはありませんし、祇園だからといって働く側の女の子たちに「品性」や「高い知性や教養」などを、必要以上に求められるようなことはありません。
実態としては、地元の女子大生が祇園のキャバクラでばりばり働いている、なんてことも全然珍しくはないのです。

そう考えてみれば、まったく敷居が高いなんてことがないことも、すぐにお分かりいただけると思います。
ちょっと尻込みしちゃってた皆さん、全然そんなことありませんので、気にせずに応募してみてもいいと思いますよ。

「京都のキャバクラの特徴」

キャバクラの特徴って、エリアによって少し出てくる部分があるものです。
どういったエリアにお店があるのか、それによって客層そのものが全く違ったするんですね。
店舗参照:http://tainew-kansai.com/

京都の場合は、木屋町、祇園と2つのエリアが主なキャバクラスポットになるのですが、全く雰囲気が違ってきます。
木屋町は若い客層、地元のビジネスマンなどが主な客層になるので、どちらかと言えばワイワイ楽しく!みたいなお店が多いですが、祇園の方はもう少し高級感などもあり、観光客や、ちょっとした経営者層など、少しお金を持った方が増えてきます。
どちらが良い悪いというわけではないのですが、ご自身の好みに合わせてエリアを選ぶのはきっと大事だと思います。

まとめ

・イメージしているより京都のキャバクラの敷居は高くない
・京都のキャバクラは木屋町、祇園と2つのエリアで雰囲気がガラリと変わる
・木屋町エリアのキャバクラの客層は若い人や地元のビジネスマン
・祇園エリアのキャバクラの客層は観光客や経営者